ドロドロ血液の原因

ドロドロ血の解消法

ドロドロ血液の原因

一般的に言われているドロドロ血とは、血液中の総コレステロールが多い状態を言います。

その名の通りに血液がドロドロとした状態になり、血流が悪くなったり、血管が詰まったりといった症状が起こります。 ドロドロ血の原因には様々なものがあります。

一つ目は脂肪分の多い食事を頻繁に取っている事です。脂肪分は体を動かすエネルギーとして必要な存在ですが、過剰になると血液中の糖分を増やして、結果としてドロドロ血の原因となります。 

二つ目として、基礎代謝の低下が原因として挙げられます。基礎代謝が低下すると、体内の老廃物の排出がスムーズに行われなくなってしまいます。

そうすると、血管内の老廃物も増加してドロドロ血となってしまうのです。 

他にも、高血糖や活性酸素も原因になります。 

ドロドロ血の対策は、脂肪分や糖分過多にならないバランスの取れた食事を心掛ける事や、適度な運動を日常的に取り入れる事が有効です。他にも、血液をサラサラにする効果のある玉ねぎを積極的に摂取するのも良い対策です。